コナミスポーツクラブ池袋で登ってみた!スポーツジムでボルダリング

東池袋にある「コナミスポーツクラブ池袋」のボルダリングジムに行ってきました。ボルダリング初心者の方に、また体を動かすのが好きで他のトレーニングもしてみたい方にもおすすめのジムです。

スポーツクラブ最大手が、ボルダリングジム業界に殴り込み!?

コナミスポーツクラブは、その名の通りスポーツクラブ(フィットネスクラブ)で、全国に約180店舗を展開している業界最大手企業です。その大手スポーツクラブが満を持してクライミング業界に殴り込み!かどうかは知りませんが、とにかく2017年の3月に、池袋店にはじめてボルダリング施設を設置しました。

クライミングを楽しむ人が増えているので、今後はこういったこれまでのクライミング業界の外からのボルダリングジムへの参入が増えてきそうですね。これまでのボルダリングジムの発想にとらわれない、いろいろなジムができるのは1ユーザーとして歓迎です。

今回は、このコナミスポーツクラブのボルダリング壁で登ってきました。

ボルダリングフロアは、スポーツジムの一部に設置

受付(受付や料金システムなどについては、あとで詳しく説明します)を済ませたあと、更衣室で着替え、クライミングシューズと液体チョーク、スマホ、タオルなどを入れたバッグを持って、トレーニングマシンがたくさん並んだスポーツジムフロアに。フロアの一番奥にボルダリングエリアがあります。低めの壁で仕切られていますが、壁自体はスポーツジムの方からも見えます。なお、外履きは受付で脱いでいますので、館内ではスリッパを履いています。

壁の幅は、15mくらいでしょうか? スラブから垂壁、薄かぶりまであります。一番奥のかぶった壁でも、たぶん傾斜は120度くらいで、いわゆる「どっかぶり」壁やルーフの壁はありません。スポーツクラブの一部ということからも、どちらかといえば初心者向けを意識した壁設計なのかもしれません。

壁の高さはけっこうあります。幅は手前から奥までで、15~16mくらいでしょうか?

課題はスタンダードな感じが中心

設置ホールドはやはり老舗ジムと比べると少なめです。とくにハリボテや巨大ホールドはわずかで、中くらいまでのサイズのホールドがほとんどです。課題はテープで設定され、中級(5~6級)、次に初級が多く、上級の課題数は少なくなります。

課題の内容は、私が触った限り(2級まで)では、オーソドックスでスタンダードな感じのタイプがほとんどでした。ランジ課題はありましたが、横にぱっと飛びついたりするコーディネーション系の課題は、ほとんど無いようです。そして、グレーディングは全体的にやや甘めのようです。といっても、自分に登れたのは3級までで、2級課題は難しくて登れませんでしたが。

このような壁と課題の設定なので、ふだん3級以上をコンスタントに登っているような上級者には、ちょっと物足りなく感じるでしょう。しかし、バランス重視の課題が多く、クロス、キョン、デッドポイントなど、基本的なムーブは豊富に出てくるので、入門者や、これからクライミングの基礎を身に付けたい初級者にはぴったりだと感じました。

中級の課題が多く設定されています。

尾川智子さんを一撃、と思いきや…

通常の課題表以外にも、有名クライマーの尾川智子さんが設定した新課題というファイルがあり、5級から7級までの設定がありました。

もうちょっと難しめの課題も作ってほしいですね。

「ほほう、尾川さんの設定か。でも、このグレードなら当然ぜんぶ1撃だな」と思いつつ、しかし念のため腕がフレッシュなうちにと考え(笑)、5級から登り始めたところ、5級課題はぜんぶ1撃。やっぱり甘めのグレーディングだな、などと調子に乗っていたら、なんと、6級で登れない課題が! 苦手なランジ課題で、3トライしてやっと登れました。6級なのに。。。

ランジは、いわゆる運動神経のいい人なら、初心者でも簡単にできるのですよね。なので、グレーディングが難しいかもしれません。運動神経の鈍いんです>< 恥ずかしながら、こんな感じ……。

スタッフさんはフレンドリー

この日行ったのは、平日の夕方です。夜までは時間がありますが、それにしても空いています。私以外にいるのは、常時1~3人のお客。さほど広くないエリアですが、ガラガラという感じした。

空いているせいでスタッフさんも手持ち無沙汰なのか、「ボルダリングは長くやっていらっしゃるんですか?」など、フレンドリーに話しかけてくれます。

私がスマホで壁を撮っていたら、かわいい女性スタッフさんに「登っているところを撮りましょうか?」と言っていただきました。照れくさかったので、遠慮しましたが。。。他のお客さんで今日初めてボルダリングに来たと思われる方には、かなり丁寧に、登り方のコツを教えていました。「ひとりで行くのは不安だな」と思う初心者の人も、このジムなら心配なさそうです。

ボルダリング初心者にはスタッフさんがいろいろと教えてくれます。

空いているので、初心者グループのセッションもやりやすい

夜になってスポーツクラブの方はだいぶ混んで来ましたが、ボルダリングエリアはぜんぜんお客が増えません。

さっきのスタッフさんに「いつもこれくらい空いてるんですか」と聞いてみたところ、「だいたい空いていますね」というお返事。まだ、あまり知られていないからかもしれませんが、空いているときが多いようです。。
これは、特に初心者の方にはメリットです。混んでいるジムだと、初級の人はどうしても遠慮しがちになってしまいますが、これくらい空いていれば、初級者だけのグループでも、遠慮無くセッションで登りやすいでしょう。

クライミングジムではありえない豪華風呂は超快適!

結局、2時間半くらい登っていました。打ち込んだ2級は登れませんでしたが、もう指がヨレてしまい、また、割と新しめのホールドでフリクションが良いため指皮の消耗が激しくて、指皮が限界になってしまいました。背中や腕の筋肉にもほどよく疲れが溜まっています。

さて、この後は楽しみなお風呂タイムです。私はふだん家ではシャワーだけで済ませており、湯船に入ることはありません。1人暮らしなので沸かすのがもったいないですし(追い炊きができないため)、バスタブが狭くて窮屈だからです。そこで、ここのお風呂も楽しみにしていました。

更衣室でタオルと着替えを用意し、廊下を歩いて浴場に行きます。浴場は街の銭湯くらいの広さがあり、通常の浴槽以外に、ドライサウナ、ミストサウナ、水風呂があります。もちろん、石けんやシャンプーも備え付けられています。お湯やサウナでたっぷり温まってから、水風呂で全身アイシングします。これを2セットも繰り返すと、全身の疲れが取れて、とてもさっぱりと気持ちいい! 登った後すぐに、お風呂や水風呂に入れるは最高でした。

この奥に浴場が。さすがに浴場では撮影できませんでした。

ちなみに、シャワーだけのブースもあるので、手軽に汗だけ流したい場合は、こちらを使えばOKです。このあたりの設備の充実ぶりは、さすが業界最大手のスポーツクラブという感じで、大満足です。

ドライヤーで髪を乾かし、最後に、更衣室内の自販機で買ったBCAAドリンクを飲んで筋肉ケアをして、ジムを後にしました。

ロッカールームも広くて綺麗!ドライヤーなどの設備も充実です。

入会手続きと、料金、システムなど

ここからは料金やシステムなどについて説明します。

最初に、受付で初回登録をします。紙の申込用紙に書くのではなくて、タブレットに入力する方式になっており、慣れないマシンでの入力で時間がかかりました。システムの説明などもありますので、登録には30分くらいの時間を見ておいた方がいいです。登録の際に「緊急連絡先(家族など)と、その電話番号」を求められて、1人暮らしの私はちょっと焦りました。

また、本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)も必要ですので、用意を忘れないようにしましょう。

利用料金は、以下のようになっています。

利用時間ボルダリングのみスポーツクラブと併用
フリー(時間無制限)1,836円1,080円
90分利用1,296円648円
会員証発行手数料(初回のみ)1,080円

 

ボルダリングのみの利用料金としては、一般的なレベルですが、お風呂、サウナ、シャワーが利用できる分、割安でしょうか。

なお、クライミングシューズやチョークのレンタルも用意されています。

スポーツクラブとの併用だとかなり安い

また、スポーツクラブと併用すると、かなり安くなりますね。スポーツクラブの料金は、多くのパターンが用意されていますので、コナミスポーツクラブのWebサイトで確認してください。ボルダリングの後に筋トレしてオールアウト(出し切り)、あるいは有酸素運動でウェイトコントロールなどしたい人には、嬉しい料金設定です。

平日の営業時間が24時まで。一方、日曜は18:30までなので注意

なにげにポイントが高いのが、平日の営業時間が遅いことです。施設自体の閉館時間は24時で、ボルダリング壁は23:30で利用できます。それからシャワーを浴びたりして、24時までに退館すればいいということです。他のジムだと23:00までというところが多いので、ここなら仕事が遅くなったときでも、かなり登れますね。

ただし、土曜は20:30まで、そして日曜は18:30までと、かなり終わりが早くなります。特に日曜にボルダリングに行きたい方は、営業時間に注意してください。

初回限定で、登録料1,080円だけで利用可能!

会員証発行手数料(登録料)が1,080円というのは、やや高いかなという印象を受けます。しかし、コナミスポーツクラブでは、初回の利用料がなんと「タダ」! つまり、初回は1,080円だけで利用できることになります。

普通のクライミングジムだと、最初に行ったときは、登録料+利用料で、高めの料金になることが多いのですが、コナミスポーツクラブの場合、逆に通常の利用料より安く利用できるのですね。

これは、「ボルダリングは初めてだから、試しにちょっとだけ登ってみたい」という人にも、「どんなジムなのか壁の感じを知りたい」という人にも、とても嬉しい設定です。ぜひ他のジムでも見習って、採り入れてもらいたいシステムだと思います。

最寄り駅は「池袋」ではなく「東池袋」!

コナミスポーツクラブ池袋の場所は、「サンシャインシティ文化会館ビル」の5階です。サンシャインシティは非常に広いのですが、文化会館ビルはもっとも東の端にあり、最寄り駅は有楽町線の「東池袋」駅になります。池袋駅からだと、10分以上歩くことになります。ちょうどいいウォーミングアップかもしれませんが、はじめてだと場所もわかりにくいので、東池袋駅を利用した方がいいでしょう。

東池袋駅からサンシャインシティまでは、地下通路でつながっています。

まとめ:コナミスポーツクラブ池袋のおすすめポイントと、おすすめできる人

コナミスポーツクラブ池袋のボルダリングジムのおすすめポイントは以下のような点でした。

・スポーツクラブと一体化して、併用すると安くなる料金
・オーソドックスな課題
・フレンドリーなスタッフさん
・空いていることが多い
・充実した浴場やシャワー設備

またそこから、以下のような人に向いていると思います。

・ボルダリングを経験してみたいけど、1人でジムに行くのは不安だという人
・仲間同士でセッションを楽しみたい初心者グループ
・筋トレや有酸素運動と一緒にボルダリングも楽しみたい人
・登った後のお風呂やサウナが楽しみな人。自分です(笑)

おまけ

チョークが乗りすぎてかかりが悪いホールドを磨きたかったので、スタッフさんに「ブラシありますか?」と聞いたら、このブラシを渡されました。。。デッキブラシでホールドを磨いたのは初めてでした^^;

スポンサーリンク
同じカテゴリーの記事